トップページ協議会の活動NEWS記事一覧 > 【開催案内】第10回DANワークショップが開催されます。

NEWS

【開催案内】第10回DANワークショップが開催されます。

2018年10月10日

第10回DANワークショップが開催されます。

今回は東京(丸の内)の凸版印刷株式会社様の施設をお借りして
「デジタルアーカイブ・アラカルト」をコンセプトに様々な分野・領域のデジタルアーカイブの取り組みについて共有する機会とします。
多様な分野や領域で取組を行っている方々とデジタルアーカイブの連携や活用について議論を深めて参りたいと存じます。
多用のところ誠に恐れ入りますが、ご参加いただきたくお願い申し上げます。

<10月16日追記> プログラムを公表しました。

■表題  :第10回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ
■開催日時:2018年11月9日(金) 13時 ~ 18時 (受付:12時30分より)
        -ワークショップ終了予定時刻は17時まで。その後会場内(18時終了予定)で名刺交換や意見交換の御時間を設けさせていただきます。
        -会終了後、会費制にて交流会を開催する予定です。
■開催場所:NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI
  (東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル)
   -会場地図は下記URLを御参照ください。
■主催  :筑波大学・図書館情報メディア系
■後援  :総務省(申請中)、一般社団法人メタデータ基盤協議会(開催事務局)
■協力  :凸版印刷株式会社、インフォコム株式会社
■参加費 :無料(定員 約50名)
 ※定員に達した場合、御遠慮いただくことがございます。
■参加申込:①下記メールアドレスに所属氏名・連絡先メールアドレスを記載の上、連絡ください。
        一般社団法人メタデータ基盤協議会 事務局 meta-info アットマーク mi3.or.jp
                        (アットマークを@に置換して頂いてメールください。)
        ②下記お問い合わせフォームにて「その他のお問い合わせ」を選択して頂いたうえで
        「お問い合わせ内容」に、「DAN参加希望」と記載のうえでご連絡ください。
     
≪ワークショップ内容≫
○講演
つなぐアーカイブ
被災地域を過去から未来につなぐ役割を持つ震災アーカイブ、多様で多数のデジタルアーカイブをつなぐ役割を持つ大規模なアーカイブポータルの視点から
「つなぐアーカイブ」について東北大学と国立国会図書館からご講演いただきます。
【講演予定内容】
柴山明寛(東北大学・災害科学国際研究所 准教授)
   「東日本大震災から7年半経過したみちのく震録伝の今後の役割について」
国立国会図書館 ※講演調整中
   現在取り組まれているジャパンサーチへの取組や運用されている国立国会図書館東日本大震災アーカイブ (ひなぎく) について講演いただきます。

○ライトニングトークとディスカッション
「これからのデジタルアーカイブ」について異なる視点からのライトニングトークとそれに続くパネルディスカッションです。
講演者と参加者全員参加で「これからのデジタルアーカイブ」について議論します。
三原鉄也(筑波大学図書館情報メディア系 特任助教)
   「アーカイブ間をつなぐ - 地名でつなぐ、作品でつなぐ」
勝又正秀(スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課 課長)
   「スポーツ・デジタルアーカイブ構想について」
原正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)
   「地域研究資源の保存と共有化に関する試み」
柳与志夫(東京大学情報学環 特任教授)
   「デジタルアーカイブ学会のこれからの課題」
モデレータ
杉本重雄 筑波大学図書館情報メディア系 教授 

○その他
今回会場であるNIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHIの施設見学を企画中です。
     
  ※内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。
  ※話題提供やライトニングトークは各分野の方々に実施していただく予定です。発表者については正式決定後
   逐次このページにて公開していく予定です。
     
【お問い合わせ先】 
一般社団法人メタデータ基盤協議会 事務局 meta-info アットマーク mi3.or.jp (アットマークを@に置換して頂いてメールください。)
筑波大学 杉本・永森研究室 (電話)029-859-1351


← 前の記事 | NEWS記事一覧に戻る

META-BRIDGE

META-BRIDGE

Meta Bridgeは、メタデータスキーマを収集・蓄積するメタデータレジストリです。

メタデータスキーマを簡単に発見でき、メタデータを利用したサービスの構築を実現します。

Meta Bridgeのアカウント登録はこちら